女性ホルモンが足りていないと思います。

islamujeres-mexico-vacation-6608036-h
女性ホルモンが年々減っているなと実感しています。

40代くらいからどんどん減ると聞いてはいましたが、やっぱり髪の毛の艶や肌のハリやツヤに顕著に表れていると思うのです。

爪も艶がなくなって、メンタルにも影響が出てきます。

そろそろ更年期に入っている年齢なので、微妙に体調が悪かったりします。

ですので、気を付けていることはまずは規則正しい生活を心がけて、栄養もきちんと摂り、適度な運動をするようにしています。

そして女性ホルモンのエストロゲンを補うためにしていることがあります。

大豆に含まれるイソフラボンがエストロゲンに似ていると言われているので豆乳を飲んだり、サプリメントを飲んだりしています。

摂り過ぎは子宮がんや乳がんなどを引き起こすこともあるとも聞きますので、毎日同じものを取り続けるのはやめて交互に、そして時々忘れるくらいのペースで補っています。

これでなんだかいい感じに過ごせるようになりました。やはり体というのは正直でまだまだ若いつもりでいても、やはり50年も使ってきた体は50年分のガタがきているのです。

老いには叶わないという現実をしっかりうけとめて体にも手をかけてあげたいと思っています。

あと30年くらい生きるとして元気に過ごせるのか、そうでないかはやはり普段の生活次第だと思っています。

健康に過ごして子供達にも迷惑はかけたくないので、いろいろな情報に目を向けて、更年期を乗り切りたいと思っています。

上手に女性ホルモンを補い、サプリメントなどで上手くいかなくなったらお医者さんにきちんと相談したいと思っています。

冷えと乾燥とむくみを撃退!!

girl-15715_640
冬は気温が低くて乾燥する季節ですよね。

逆に言えば湿度が低く、肌が引きしまり化粧崩れはしにくい季節です。

この季節のボディケアで気を付けたいことは3つあります。

①冷え対策、②乾燥対策、③むくみ対策です。

この3つの対策について私のケア方法をご紹介します。

まず①の冷え対策について・寒気から体を守るために適度に調整します最近定番となったヒートテック、時には腹巻を着用し、ホッカイロをお腹と背中に貼ります。

室内では常に靴下をはき、フリースの上着を着用しています。

あしもと、腰を冷やすと特に冷えを感じやすいのでこの部分は徹底的に冷えから守ります。

・温かい食べ物、飲み物を積極的に摂取します体を急に冷やすことがないように飲み物は温かいお茶やお湯、お鍋などの食事を多くとるようにします。

お野菜も電子レンジで温める温野菜にしていただきます。

しょうが、唐辛子など体をあたためる食材も積極的に摂取します。

・温かいお風呂にゆっくりつかります ゆっくり入浴できる温度(42度くらい)のお湯に30分ほどゆっくりつかります。

お風呂から上がったとは、体を冷やさないように髪をすぐにかわかし温かい格好をします。

次に②乾燥対策ついて・室内が乾燥しないようにエアコンはなるべく避け、加湿器を利用します冬は乾燥しているのでエアコンはなるべく使わないようにしています。

しかし、朝や夜はどうしても必要です。

その際は室内にタオルを干したり加湿器を利用し室内が乾燥しないようにしています。

・常にハンドクリーム、ボディクリームを持参し乾燥を感じたらすぐにケアします。

・冬用の乾燥対策化粧品を1品プラスして使用します。

夏用と冬用で化粧品を変えるのは大変なので乾燥ケア対策の化粧品(クリーム等)を1品プラスして使用します。

最後に③むくみたいさくについて・体を温かく保ちます・水分を多くと摂取し、老廃物を排出しやすいようにつもとめます冬は汗をかきにくく代謝が悪くなりがちです。

体が冷え、汗をかかないと特にむくみやすくなります。

そうならないためにも温かい飲み物をたくさん摂取し、たくさん排出するようにしています。

以上の3つのケアで冬のボディケアはばっちりです。。

20141027

勘違いしやすい永久脱毛の定義

脱毛には、ただの脱毛と永久脱毛という二つの種類があります。

永久脱毛というと、普通の想像ですと「『永久』という言葉通りに一度施術を施した毛根からは、二度と毛が生えてこなくなるようにするという施術」という風に考えるかもしれません。

理想を言えばこの通りなのですが、人間の発毛のメカニズム的にも完全にその通りにすることはまず不可能です。

実際の定義としては、AEA(米国電気脱毛協会)にて定義されている「最終脱毛施術1ヶ月経過後に、毛の再生率が20%以下の状態」というのが一般的となっています。

このことからも、現在では永久脱毛ではなく永久減毛という呼び方が主流となってきています。

では、こういった施術はどこで受けることが出来るのかというと、脱毛クリニックです。

日本において施術を受けることが出来るのは、医師免許を持つ方が行う医療クリニックでの脱毛のみとなっています。

通常の脱毛サロンなどで永久脱毛の施術を受けることは出来ず、脱毛サロンで行われた施術では数ヶ月もすると再び毛が生えてきてしまいます。

同じ脱毛でどうしてこういった違いが出てしまうのかというと、施術を行う際に使われるレーザーなどの出力の違いなどが挙げられます。

医師免許を持つちゃんとした医師であれば、一般人が扱うよりも高出力のレーザーなどを使用することが出来るため、しっかりと毛根や毛母細胞にダメージを与えて発毛機能を破壊することが可能となります。

これが、脱毛サロンで行われる普通の脱毛と、医療クリニックで行われる永久脱毛の差となるのです。

backyard_tracy_california_84191_l

半身浴にはダイエットの効果がない

半身浴をするとダイエットに効果があるとよく言われていました。

ですので女性は半身浴ダイエットをする人が結構たくさんいて、胸のあたりまでバスタブにお湯を張って1時間くらい使っているという人が今でも結構たくさんいます。

でも半身浴はダイエットに効果があるという医学的な根拠は実はないんです。

つまり半身浴をしたからと言ってダイエットに効果があるとは言えないといわれています。

半身浴をすると汗をたっぷりかきますのでダイエットに効果があるという考え方ですが、実は汗をたくさんかいたからと言ってダイエットできるという訳ではない、というのが最近の常識です。

ダイエットをするためには脂肪を燃焼させる必要があるんです。

半身浴するとたくさん汗をかきますので体重は減りますが水分を補給しますのでまた体重が戻ってしまうということです。

また半身浴にはデメリットもあります。

特に冬に半身浴をすると風邪をひいてしまう可能性があります。

私も半身浴ダイエットを一時期やっていましたが効果はほとんどありませんでしたし、冬に風をひいてしまったことがあります。

ですので最近は半身浴をするよりも、お湯にたっぷり使って汗をかいて体を温めて新陳代謝を高めて脂肪を燃焼する方がダイエットに効果があるといわれています。

半身浴をしてもなかなかダイエットできなくて困っているという人は、新陳代謝を高めたうえでウォーキングなどの運動をすこしするのがオススメです。

ビール酵母は健康的なお肌をつくります。

denmark-aalborg-beer-1325278-h
私は、最近はやりのビール酵母で、体質改善に成功して、ツルツルお肌を手に入れましたので、この時の体験談を記事にしたいと思います。

以前は、胃腸の具合が良くなかった為、脂っこい食事の後のむかつきや胸やけ、胸のつかえを頻繁に感じていました。

色々と調整剤で、体調を整えていましたが、内蔵が正常に機能していないせいか、常に肌荒れには、悩まされていました。

そして、頑固な便秘もあって、お肌は、お化粧ノリも悪く、不健康な感じでした。

そんな時、ビール酵母の存在を知って、ちょっと試してみようかな、という軽いノリで初めて見ましたが、すごく効果が現れましたので驚いてしまいました。

私の弱った胃の働きを自然に活発にしてくれた為、食欲が少しづつ増えてきました。

これは、ビール酵母には、乳酸菌が含まれているため、腸の働きを助ける菌を増やしてくれたり食欲を増進させてくれる作用があるからだそうです。

ビール酵母を飲み始めてから、私の弱い胃腸の消化不良や食欲不振が改善されて胃腸の働きがよくなりました。

辛い便秘だった体質もすっかり改善されて、お腹周りもスッキリしてきたと同時に、長年悩みの種でした、肌あれも、少しづつ良くなってきました。

ビール酵母を飲み始めてまだ1ヶ月くらいで日は浅いのですが、予想異常の効果がありましたので、とっても良かったと思っています。

お薬ではなく、自然の素材なので、体にも優しく、飲み続けても外がないので、これからも安心して飲む事ができます。