ガサガサのひざのケア方法

pretty woman applying cream on her attractive legs
ミニスカートを履いたときにふとひざを見ると、ガサガサになっていて驚いた経験がありませんか。

ガサガサなひざではおしゃれも台無しです。

ひざから汗が大量にでるイメージはありませんよね。

ひざは皮脂腺が少ないため乾燥しやすい部位です。

乾燥すると古い角質がたまりやすくなるので、厚い角質でガサガサになります。

ひざのガサガサをケアするには、角質除去と保湿がポイントです。

厚くたまった角質の上から保湿クリームを塗っても浸透しないので意味がありません。

まずは角質を取り除きます。

スポンサードリンク

湯船に浸かって角質を柔らかくしたら、スクラブ剤でマッサージして取り除きます。

軽石は刺激が強いので使用しません。

力を入れると肌が傷つくので優しく行いましょう。

やり過ぎると肌を守るために角質が厚くなることがあるので、月に1~2回程度にします。

角質を取り除いたら保湿します。

ローション、クリーム、オイルなど保湿力が高いもので保湿します。

乾燥がひどいときは、たっぷりとクリームを塗った上からラップをかけてパックします。

10分間放置してからクリームを拭き取ります。

クリームの成分が浸透して柔らかくなります。

乾燥しやすいので保湿ケアは毎日行います。

摩擦が原因で角質が厚くなることもあります。

固い場所にひざをつくとガサガサなひざの原因になるだけでなく、黒ずみもできます。

できるだけひざをつかないようにしたり、柔らかいクッションを敷いてひざをつくようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です