乾燥によるたるみ毛穴ケア法

20150630
角質層にはセラミド、尿素、アミノ酸などの潤い成分が存在しています。

これらバランスがよいとキメが整った潤た肌になります。

しかし、間違ったケアで乾燥をしている潤い成分が不足して乾燥していしまいます。

乾燥するとキメが乱れて毛穴がつようになります。

さらに、真皮層の水分不足にもなるとたるみができ、たるみ毛穴になってさらに毛穴が目立つようになります。

たるみ毛穴対策に大切なのは保湿です。

毛穴が目立つ方は皮脂分泌が活発な傾向があるので、さっぱり系の化粧品を使っていることが珍しくありません。

スポンサードリンク

しかし、さっぱり系の化粧品は乾燥を悪化させ、毛穴のたるみをひどくさせる可能性があります。

毛穴の目立ち解消のためにやっている洗顔も悪化の原因になっているかもしれません。

まずは洗顔方法を見直してみましょう。

過剰な洗顔、こすりすぎは乾燥を悪化させます。

朝はぬるま湯洗顔にして洗顔料を使うのは夜だけにします。

こすらないように洗顔料をよく泡立てて、泡をクッションにして洗いましょう。

洗顔後は肌の水分が蒸発しやすいので素早く保湿します。

汗で潤っている感じがしても乾燥は進行しているので保湿してください。

化粧品は使う順番が大切です。

化粧水を最初に使って後に使う化粧品の浸透を高めます。

次に美容液・乳液・クリームを使用します。

化粧品は保湿系を選びましょう。

クリームがべたついて苦手な方は保湿不足です。

たっぷり化粧水を使い適切な量のクリームで保湿をしているとべたつきが気にならなくなります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です