年齢が出やすいデコルテのケア

20150702
顔のお手入れは毎日していると思いますが、顔とつながっているデコルテのケアはしていますか。

デコルテは年齢が出やすい部位です。

ケアをしていないと顔と肌の色が違ったり、ニキビ、シミ、黒ずみなどが目立って老けた印象を与えてしまいます。

首元が開いた服を着ると人目につきやすいです。

首元は皮脂腺が少ないのですが、紫外線にさらされやすくダメージを受けています。

顔は紫外線対策をしたりケアをしていますが、デコルテはケアを怠りがちです。

冬は首元が開いた服をあまり着ないので紫外線の影響は減少しますが、マフラーを巻くので繊維の刺激を受けています。

スポンサードリンク

これらのダメージによりニキビや黒ずみなどができやすくなっています。

デコルテも顔と同じように毎日ケアすることできれいを保つことができます。

デコルテ専用のケア用品がありますが、普段顔に使っている化粧品でも構いません。

大切なのは毎日続けることです。

朝と入浴後の2回ケアしましょう。

顔のケアのついでにすると毎日継続しやすいです。

鎖骨周辺はリンパが集まっているので、老廃物を流すのに最適です。

ケアのついでにマッサージもしてみましょう。

マッサージをすることで血行とリンパの流れがよくなり、肌色がよくなる、シワの予防などの働きがあります。

指にクリームやローションをつけて、Vの字にした指で鎖骨を挟んで、内側からワキに向かって軽くさすります。

ワキの下にはリンパ節があるので、ここを軽く押して流れをよくします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です