大人ニキビ改善の早道は乾燥をなくすこと

20150901
大人ニキビが出きやすい場所はフェイスラインなどの皮脂の分泌が少ない場所です。

思春期の頃のニキビと違って、大人ニキビは生活習慣の乱れやストレス、間違ったスキンケア、乾燥や紫外線など、様々なものが原因となります。

この中でも大きく影響しているのが乾燥です。

肌が乾燥しているとターンオーバーが乱れてしまって古い角質がたまりやすくなります。

また、乾燥を防ごうとして皮脂が活発に分泌されますから、古い角質と皮脂が合わさって毛穴が詰まりやすくなり、皮脂の分泌が少ないはずのフェイスラインなどを中心にニキビができてしまいます。

スポンサードリンク

そんな大人ニキビを改善していくには、乾燥を防ぐのが大切です。

肌コンディションが乱れている状態ですから、低刺激な化粧品を使用してしっかりと水分を肌に与えてあげるようにしましょう。

また、肌に潤いを閉じ込めるためにも、乳液やクリームなどでふたをするのが基本です。

そして、洗顔も乾燥の大きな原因となります。

洗浄力が強すぎる洗顔料を使っていると肌のバリア機能が壊されてしまって、水分を留めておく力が弱くなってしまいます。

肌に必要な皮脂などを適度に残してくれる洗顔料を使用して、たっぷりと泡立てして洗顔するようにしましょう。

また、すすぎの温度が高すぎると皮脂がたくさん奪われてしまって乾燥が進んでしまいます。

高くても35度程度までにしておき、肌に洗顔料を残さないように丁寧にすすぎを行うようにしましょう。

そして、洗顔後にはどんどん水分が蒸発しますから、1分1秒でも早くスキンケアを始めるのが大切です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です