身体的にはマッチしても精神的には苦痛だったファスティング

20151001
「ファスティングのススメ」を主旨とした本を読みました。

曰く、「ファスティングを行うことで心身が研ぎ澄まされて、まったく別の意識で毎日がイキイキと送れるようになる」というものです。

ファスティングを行っている人がいる程度の知識は持っていましたが、正直言うとあまり気にしていませんでした。

でも、まあまあの健康とまあまあの気分で過ごしている自分も否めません。

これがスカッと爽快に過ごす毎日に変われるなら、やってみたい気がします。

ということで、手軽な週末ファスティングからチャレンジすることに決めました。

まず、金曜の夜はファスティング前の準備段階なので、万全な体調に整える日です。

飲み会の参加を断念しました。

スポンサードリンク

早めに就寝して、土曜日を迎えました。

さて、この日は飲み物だけの日です。

本の中ではミネラルウォーターを摂取すると書いてありましたが、朝のコーヒーだけ許してしまいました。

それ以外は我慢です。

次の日は、朝は飲み物。

昼食にお粥。

夜も粗食の回復食をいただきます。

月曜の朝は食欲に従って、いつもよりも控えめにした和食でした。

やってみると、「まあ、私にも出来ないことはない」というのが感想です。

水を飲んでいるので、トイレには頻繁に行く面倒が生じました。

ただし、行く毎に身体が軽くなる気がします。

2日間でお腹が平らになりました。

ただし、いつも節制などしていないので、食べ物のことばかり考えてしまい、気疲れしてしまったのです。

週末だけのファスティングでは、生まれ変わるほどではありませんでしたが、身体は明らかにいい調子。

ただし、あの二日間を思うとなかなか再チャレンジする気になれないのも事実です。

誰かと一緒がいいかもしれません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です