酵素を上手に摂る方法

20151011
酵素を取り入れることで代謝が高まりやせることが期待できます。

酵素は食事から摂取することができます。

酵素には体内酵素と食物酵素があります。

体内酵素は体内で作ることができる酵素で、食べたものを分解する消化酵素と、排泄や代謝をサポートする代謝酵素があります。

食物酵素は食べ物から摂取できる酵素です。

食物酵素を豊富に含んでいる食べ物が、生の野菜、果物や発酵食品です。

野菜ではにんじん、大根、キャベツ、トマト、キュウリなどがあります。

果物ではパイナップル、キウイ、パパイヤ、アボカド、バナナ、リンゴなどがあります。

スポンサードリンク

さんまや天ぷらに大根おろしを添えたり、酢豚を作るときにパイナップルを一緒に調理するのは、酵素の力を利用しています。

酵素は熱に弱いため、上手に摂るには生で食べる必要があります。

生でたくさん食べるのは大変なので、すりおろしたり、ジュースにするなどもして上手に摂取しましょう。

ジュースにするとかさが減るので、たくさんの野菜と果物を摂ることができます。

すりおろしたりジュースにしたものは、時間が経つと栄養価が下がり酵素も減るので、作りたてを摂取するようにします。

生の野菜と果物ばかり食べていると体が冷えます。

冷えは代謝を落とすので冷えには注意が必要です。

温かい飲み物を飲んだり、生姜を取り入れて温めましょう。

野菜や果物だけでなく、発酵食品も取り入れてみてください。

納豆、キムチ、漬物、味噌、ヨーグルトなど、いろいろな発酵食品があります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です