四十男の大人ニキビ体験

20151031
40代に入ってから大人ニキビに悩まされた経験があります。

ニキビができはじめたのは、ある年の初夏のことでした。

気温が上昇し、軽く汗ばむことが多くなった時期です。

汗がニキビの原因だったのかはよく分かりません。

季節を問わず、10代の頃ですらニキビで悩んだ経験がほとんどなかったので、自分にニキビができるということ自体、少々信じがたいものがありました。

ニキビができたのは、いくつかの決まった場所です。

具体的には、額、こめかみ、首筋でした。

いずれのニキビも数日から1週間程度で消えるのですが、一部のニキビが消えかけたタイミングで、すぐに新しく次のニキビが出現してしまう状態で、常に5個以上はできていました。

スポンサードリンク

ニキビのタイプは、できてから2日ほどでつぶれるものと、なかなかつぶれずに1週間くらい居座るものの主に2種類です。

痛みは、何かに触れると軽く痛む程度で、ひどくはありません。

当初は、早く消してしまおうと焦り、つぶせるものは片端からつぶしました。

しかし、つぶした跡が黒ずんでしまったり、傷になってしまったりと、どうも経過が芳しくありません。

そこで、ニキビをつぶすのはやめ、大人ニキビ用の軟膏を試してみました。

近所の薬局に行って相談した際、店の人のすすめに従って購入したものです。

とりあえず毎日、朝と夜の2回ずつまじめに塗ってみました。

ところが、効果はなかなか現れません。

少々困ってしまい、ビタミン剤を飲み始めました。

種類はビタミンBです。

軟膏とビタミン剤の組み合わせを始めてから3カ月ほど経過した頃、ニキビはようやく治まり始めます。

もう初秋になっていました。

涼しくなって汗をかかなくなったのが良かったのかもしれません。

ともかく、何とかニキビが消えてくれたのは幸いでした。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です