ビタミンCは25年、一日も欠かさず飲んでいます。


ビタミンCのサプリメントを、25年近く飲んでいます。

もう四半世紀なので、自分でも凄いなと思いますね。

飲み始めた頃は、美白というより身体のためでした。

風邪を引きやすい体質だったので、子供の頃もアンプルを飲んだりしていましたね。

大学に入りアルバイトをするようになり、お金を頂く仕事は学校のように簡単に休めないので、具合が悪くない時も飲んで抵抗力をつけるようにしていました。

そうしたら、20代の後半になってから『色が白いね』と言われるようになりビックリです。

私は家族の中でも色黒のほうだったのですが、その点はそれほど気にしていなかっただけに、よくよく素顔を鏡で見ると昔の写真より肌に透明感が出て、白くなっていたんです。

スポンサードリンク

化粧をするようになると日焼けもしなくなるせいかもしれませんが、ビタミンCのおかげもあるんでしょうね。

母なども『赤ちゃんの頃は真っ黒かったのにねぇ』と言うくらい色黒だったのが、地肌から変わりました。

私が少し鈍感なのかもしれませんが、思えば、化粧品を買い始めた頃も美白化粧品ばかり勧められて買っていました。

いろんな人に地黒だと思われていたんだなぁ、と今更気づいています。

若い頃はハイチオールCなどを薬局で買って飲んでいましたが、ここ数年は病院で処方される『シナール』というビタミンC剤を飲んでいます。

中年になって血圧が高めになっているので定期的にもらうお薬と一緒に処方され、健康保険も効いています。

ただ、薬局でも買えるビタミン剤などは、ゆくゆく保険が効かなくなるようで残念ですね。

ビタミンC剤は、身体も丈夫になれて色白になれるサプリの決定版でした。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です