生姜紅茶で代謝を高めてダイエット

20151115
冷え性は太りやすくなります。

体温が1度低下すると代謝が12%も減少してしまうのです。

体温が高いと全身の血流がよくなって、代謝がよく食べても太りにくくやせやすい体質に近づきます。

手軽に始められる冷え対策、短期集中ダイエット方法が生姜紅茶です。

1か月で3kgも減少したという方もいます。

生姜は漢方でよく使われる体を温める食材です。

体を温めて代謝を高めるだけでなく、利尿作用で余分な水分を排泄してむくみ太りにも働きかけます。

同じ茶葉からできる緑茶は発酵していないので体を冷やしますが、発酵している紅茶には温める働きがあります。

スポンサードリンク

生姜と紅茶の二つの働きが体を温めて代謝を高めます。

生姜の温める力は生姜を加熱することで高まります。

熱い紅茶に入れることでさらに温め効果が高まるのです。

やり方は普通の紅茶1杯にすりおろし生姜スプーン1~2杯分を入れて、1日2~6杯飲むというものです。

甘味が欲しいときは黒砂糖やはちみつを加えます。

精製した白砂糖は体を冷やす性質があるしミネラルなどが取り除かれてしまっていますが、黒砂糖とはちみつはどちらも温める働きがあり、ミネラルなども豊富に含んでいます。

ただし、たくさん入れるとカロリーが高くなるので入れ過ぎには気をつけましょう。

生姜は胃を刺激するので1日20g以上摂らないようにしてください。

粉末やチューブ入りの生姜を使ってもよいです。

加熱してあるので温め効果が高いです。

外出先でも使えて便利です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です