美白パックの使い方

20151128
パックは集中ケアに最適ですが、過剰なケアは肌に負担を与えて反って肌の状態を悪くすることがあります。

美白パックはどんなタイミングで使うとよいのでしょうか。

日焼けした肌は炎症を起こしていて敏感になっているので、このタイミングでパックを使用するのは適していません。

パックは炎症が鎮まってから使用します。

普段は集中ケアをしたいときや肌が疲れていると感じたときに使用するとよいでしょう。

パックには3つのタイプがあります。

1つめは塗ってはがすタイプです。

過剰な皮脂を取り除くために使われることが多くあります。

2つめは洗い流すタイプです。

スポンサードリンク

クレイやジェル状のパックがあります。

美白成分を届けるだけでなく、古い角質も取り除くことができ、古い角質によるくすみの解消に役立ちます。

3つめはシートタイプです。

顔型のシートを顔に貼って数分間パックします。

美容成分がシートにしみ込ませて合って、集中的に美容成分を届けることができます。

シートタイプのコットンに手持ちの化粧水をしみ込ませてパックするものもあります。

医薬部外品の美白成分は効果が高く、長時間パックをしていると肌に刺激になることがあります。

また、シートが肌の水分を奪って乾燥してしまい、乾燥によるシミなどができやすくなるので、長時間のパックは避けましょう。

コットンに化粧水をしみ込ませるパックは比較的刺激が少ないので、毎日行っても大丈夫です。

美容成分をしみ込ませてあるものは、週に1~2回程度にしましょう。

洗い流すタイプや塗ってはがすタイプは、頻繁に行うと乾燥を招くので、1~2週間に1回程度にします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です