年齢肌対策の洗顔方法

20151210
年齢肌を改善するためには、年齢とともに失う成分を与えて肌自らの力を高めることが重要です。

しかしその前に、肌に必要な成分が届きやすくなるように洗顔をする必要があります。

洗顔も年齢肌対策に重要です。

きちんと汚れを落とさないと、残った汚れが酸化して肌に刺激を与え、シワ、くすみ、シミなどの肌トラブルを招きます。

洗顔方法は若いころと同じではいけません。

若いころは洗浄力が強い洗顔料を使っても問題なかったかもしれませんが、年齢を重ねた肌は保湿力が落ちているので、洗浄力が強い洗顔料は必要以上に潤いを奪い去り乾燥を進行させます。

スポンサードリンク

乾燥するとバリア機能が低下して肌本来の力が弱まってしまいます。

年齢肌には石けん洗顔がおすすめです。

合成界面活性剤は洗い流しても肌への影響が残るのですが、石けんも界面活性剤が含まれていますが天然のもので、洗い流せば肌への影響は残りません。

防腐剤や香料などは肌に刺激を与えるので、これらを使用していない純石けんで洗ってください。

洗い方にも注意が必要です。

肌をきれいにしようとするとつい力が入ってしまいますが、強くこするとシワやたるみなどの原因になります。

洗顔料をよく泡立てて、手が顔に触れないように洗いましょう。

長々洗っていると潤いが奪われてしまうので素早く洗顔を終えます。

すすぎのお湯は34度くらいです。

すすぐときもこすらないように気をつけましょう。

髪の生え際やあごなどはすすぎ残ししやすいので丁寧に洗い流します。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です