腸内環境を整えて肌荒れ解消

20151216
美しい肌は体内の状態を整えることで手に入ります。

便秘になって肌荒れがひどくなった経験がありませんか。

便秘は腸内で有害物質が発生して腸が汚れている状態です。

腸が汚れているとニキビや肌荒れが起こりやすくなります。

便秘の腸内は悪玉菌が増えており、アンモニア、インドール、アミンなどの有害物質を悪玉菌が作り出しています。

これらの物質は腸壁から吸収されて血液に入り、汗や皮脂などと一緒に排泄されて、トラブルの原因になります。

また、ビタミン不足も関係しています。

スポンサードリンク

腸内の善玉菌はビタミンB群やビタミンKなどを作り出していますが、便秘になると善玉菌が減ってビタミンの合成が少なくなり、栄養不足で肌荒れを起こすことがあります。

肌荒れを防ぐには腸内環境を整えることが大切です。

腸内環境を整えるものというとヨーグルトを思い浮かべるのではないでしょうか。

ヨーグルトは乳酸菌が豊富な食品で整腸作用があります。

ヨーグルトの便秘解消効果を得るには食べ続ける必要があります。

1日に300g程度食べていると効果が期待できます。

300gも食べるとカロリーと脂肪分が気になるので、無糖で低脂肪のものがよいでしょう。

無糖で食べにくい場合はオリゴ糖やはちみつを加えるとよいです。

オリゴ糖は低カロリーの甘味料で腸内環境を整える働きがあります。

はちみつにはオリゴ糖が含まれているだけでなく、美肌に必要なミネラルなども含んでいます。

腸内がきれいになることで肌も生まれ変わってきます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です