息子の乾燥肌

20141223
息子がまだ幼い時に背中がカサカサになってしまいました。

それまでは若さ特有のピチピチとしたきれいな肌だったのに、急な肌の変わりように驚いていてしまいます。

すぐに皮膚科での診察を考えましたが、アトピーなどと診断されてしまうのが怖くて、すぐに病院へ連れていく勇気がない母親失格の私でした。

しかし放っておいても一向に良くなる事はありません。

それどころか悪くなってきているくらいです。

かゆみもあるようで、引っかき傷も作っています。

さすがにもう病院へ行くしかないと思い、近所の皮膚科に連れていきました。

緊張しながら待合室で診察の順番を待ちます。

スポンサードリンク

先生にどのように話すればいいのかといった事を考えているとますます緊張してしまいます。

診察の順番が来て、診察室へと入り息子の背中を見せると、一目見ただけで先生は「乾燥肌だね」とおっしゃいました。

私の説明も全く必要なかった状態です。

アトピーでなかった事にはホッとしました。

詳しく話を聞くと、季節的なもので、冬場の乾燥した時期にだけ起こりやすくなるでしょうというものです。

お風呂上がりなどに処方された保湿クリームを塗ってあげることで、かゆみはおさまるとの事です。

成長と共に乾燥肌も次第に治ってきますよ、との先生の言葉には涙が出そうになるくらい嬉しかったです。

それからは冬になると、背中がカサカサになってしまいますが、保湿クリームを塗ることでかゆみは治まっているようです。

16歳になった現在も完治には至っていませんが、本人も気にすることなく冬の乾燥肌と付き合っているようです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です