大人ニキビの敵はストレスと乾燥

20150305
思春期に出来るニキビと大人ニキビは原因も対処法も違います。

どちらも皮膚を清潔に保つと言うことは共通ですが、思春期ニキビは成長ホルモンの影響による皮脂の過剰分泌からくるもので、余分な皮脂を取り除くことが予防や治療になりますが、大人ニキビの場合はホルモンバランスの乱れと乾燥からくると言われています。

そのため大人ニキビの治療の為に必要以上に洗顔をしたり、思春期ニキビ用の油脂を取るタイプの治療薬を使うと逆効果となってしまいます。

日々のストレスや睡眠不足で自律神経が乱れると健康な皮膚を作りにくくなり、荒れて乾燥した肌が紫外線や肌刺激から皮膚を守ろうとして皮膚が厚くなってしまった結果、毛穴がふさがり皮脂が詰まってニキビになってしまいます。

スポンサードリンク

ストレス社会と言われる現代ですから、ストレスを完全に取り除くことは難しいかと思います。

そんな時には深呼吸がお勧めです。

特に息を吐くことを意識して深呼吸をすると副交感神経が刺激されてリラックス効果が期待できます。

思い立った時にいつでも出来ることなので、ぜひ試して頂きたい行動です。

健康な皮膚をつくるのに有効なビタミンB群とビタミンC、血行促進と脂質の酸化を防ぐ効果のあるビタミンEも意識して取り入れたい成分です。

限られた時間の中で生活をしている以上、十分な睡眠時間を確保することは難しいかも知れませんが、成長ホルモンの分泌がさかんになり、健康的な肌を作ると言われている、肌のゴールデンタイムの22時~2時を意識しつつ、質の良い睡眠をとれるように工夫をすることが大切かも知れません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です